自動車ローンのシュミレーション

自動車ローン

若者のクルマ離れなどということが盛んに言われています。

 

以前の日本では、自動車を所有することは一種のステータスであり、ある程度稼いでいる人であれば、みな自動車を持っていました。それが当たり前とされた風潮がありましたし、又現在のような少子高齢社会とは違い、子供を複数人持つのもあたりまえでしたから、自動車を持つ必要性もあったのです。

 

しかし、現代は年収300万円時代とも言われるように、低所得者の層がかなり広がってきています。この時代の若年者層にとって、維持費がかさむマイカーはまず敬遠されるのもわかります。そしてマイカーに代わるものとしてレンタカーよりも手軽なカーシェアリングが台頭してきています。

 

しかし、お金が許すならば車を持ちたいという層も、一定程度いるはずです。やはり車そのものの魅力というのはありますし、昨今では「エコカー」という新たなジャンルで各社訴求力を高めてきています。「エコである」ということは現代における新たなステータスと化してきています。

年率3?4パーセントのローン

ですが、一括で現金で車をポンと買える人はあまりいません。多くの人が車はローンを組んで購入します。

 

自動車のローンは、ディーラーや中古車ショップが独自に提供するマイカーローンの他、銀行などの各社も「マイカーローン」というパッケージングでそれぞれお得なローンを提供しています。

 

マイカーローンと呼ばれるローンは、車自体を担保にしていることが多く、そのため金利が通常のローンより安く設定されています。大体年率3?4パーセントぐらいのところが多いようです。

 

以下、この自動車ローンについて少し見ていきます。