銀行ローンの返済シュミレーション

銀行のローン

ローンやキャッシングというと、必ず思い浮かぶのが、「消費者金融」という言葉です。言い換えれば「サラ金」です。

 

しかし、ローンやキャッシングを提供する機関としては一般的に言われる消費者金融の他に、信販会社と、銀行があります。

 

信販会社とは、クレジットカードを扱う会社であり、クレジットカードにはかならずキャッシングの機能が付いています。

 

みずほ銀行カードローン100楽天銀行カードローン100そして銀行です。銀行が提供しているカードローンというのが多数あります。実はむしろ、近年ではカードローンやキャッシングのシェアを、銀行がかなり伸ばしてきているという事実があります。
楽天銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
などの銀行系ローンが増加して来ているのです。

2010年に完全施行された「改正貸金業法」の影響

そもそも、改正貸金業法の大きな目玉とは、いわゆる「グレーゾーン金利」の廃止にありました。グレーゾーン金利とは、出資法による罰則対象になっていた上限金利29.2パーセントと、利息制限法によって定められた上限である20パーセントとの間の金利を言います。利息制限法のほうは罰則規定がないため、従来の消費者金融は上限金利を29.2パーセントきっちりとっていました。また、従来の判例も、債務者が納得して支払った29.2パーセントの金利は弁済として有効であるという判決、いわゆる「みなし弁済」の判決を出し、そのことで事実上29.2パーセントという高利が有効になっていたのです。

 

ですが多重債務が社会問題化し、2006年にはみなし弁済を無効とする判決も出ました。このことが改正貸金業法へとつながるわけですが、同時に、それまでのグレーゾーン金利にあたる金利の「過払い金」を業者に請求する裁判が相次ぎました。このことで、消費者金融各社は企業体力を奪われました。

 

そこで台頭してきたのは銀行各社です。その信用の高さと金利の低さを武器に、カードローンのシェアを伸ばし始めました。

 

又、業界の再編によって「銀行系」と呼ばれる会社も現れました。これは、従来の消費者金融に銀行の資本が入ることによって、銀行の持つ信用と、従来の消費者金融が持つ審査基準の低さ、そして手軽さを併せもつ、新たなサービス形態としてかなり広く認知されつつあります。

 

ここでは、銀行の扱う各種ローンについて説明していきます。